建設安全衛生教材DVD / VIDEO

  • 元請・事業者向

災害が発生 会社のダメージ 事業主が行なうこととは・・・

労災代償 会社崩壊― 事業主と職長がすすめる9つの安全管理 ―

ひとたび、災害を起こせば高額な賠償請求や発注停止等、それは大きなダメージとなり会社経営の危機におちいることに…
事業主は、労働災害への抵抗力が強い、安全な会社へと体質を変えることが必要です。

労災の代償 会社崩壊
品番VK152
形式DVD
時間20分
製作・著作建設安全研究会
定価本体43,000円(税別)

商品の注文

数量を選択して注文してください。

ダイジェスト版(7分02秒/57.6MB)

本作品は、協力会社が災害を発生した時、どの様な責任・ダメージを事業主が負うのか、そして事業主は災害を起こさないための、9つの安全管理をすることが大切であると説いています。

主な内容

  • 実例に基づき災害再現
    • 移動式クレーンの転倒
    • クレーン転倒の原因
    • 業務上過失致死傷容疑で書類送検
  • 災害発生後会社は「5つのダメージ」を受ける
    ① 刑事罰 ② 損害賠償
    ③ 元請は国・公共機関からの指名停止
    ④ 協力会社は元請からの発注停止
    ⑤ 社会的責任
    • 5つのダメージそれぞれの解説
    • ダメージは経営の危機に陥る
  • 災害を防ぐカギは「安全文化」
    • 安全文化とは
  • 災害を起こさないための9つの安全管理
    ① 安全方針の基礎
    ② 年度安全衛生計画の作成
    ③ リスクアセスメント入り作業手順書の作成
    ④ 職長の意識づけ(自覚)
    ⑤ 事業主パトロールの実施
    ⑥ 有資格者の配置
    ⑦ 安全教育の徹底
    ⑧ 健康診断の実施
    ⑨ 協力会社への指導
労災の代償 会社崩壊