建設安全衛生教材DVD / VIDEO

  • 作業員向

作業員の安衛法の遵守義務

知らないではすまされない 作業員の6つの法的義務

事業主さんへ!! 作業員の方が安衛法で労働者は、事業者が行った措置や指示を守らなければならない義務のあることを知っておられますか?守らなかったために、もし災害を起こせば安衛法120条の罰金が科せられたり、労災保険も保険給付の全部又は一部の支給制限が行われたり、民事裁判でも過失相殺割り合いで賠償額を減らされる等のケースが起きることもあります。

知らないではすまされない 作業員の6つの法的義務
品番VK132
形式DVD
時間18分
推薦建設業労働災害防止協会
製作・著作建設安全研究会
定価本体43,000円(税別)

商品の注文

数量を選択して注文してください。

ダイジェスト版(5分46秒/49.2MB)

建設作業員が遵守すべき安衛法・安衛則・クレーン則を6項目の義務に分類し、どのような義務があるのか。そしてその項目の条文の内容を事例で紹介、分かりやすく解説しています。

6つの義務

  1. 安全状態を保つ義務
    作業員が事業者や職長に指示された事を実行し安全な状態に保っていく義務
  2. 安全措置の義務
    ダンプ、ショベル、フォークリフト等車輛系建設機械のブームやアームの下や、高所作業車の修理点検には安全支柱やブロック等を使って作業する義務
  3. 保護具の着用・使用義務
    作業員が自分の安全と健康を守るために保護具をつけて作業しなければならない義務
  4. 危険な行動の禁止義務
    自ら危険で有害な行動を取り自分はもとより同僚にも災害に合わせてはならない義務
  5. 無資格就労の禁止義務
    資格のある者以外は業務についてはならない義務
  6. 車両系建設機械運転者の自己安全義務と誘導・合図に従う義務
    車両系建機を運転する時は充分な注意を払い、安全運転をする義務と誘導・合図に従う義務

添付資料作品で取り上げた安衛法・安衛則・クレーン則の条文及び関連条文を掲載。

知らないではすまされない 作業員の6つの法的義務